Pocket

ジャスミンといえば香りの良い花として定番です。

 

ハーブとしてジャスミンティーで飲まれるのはもちろん、芳香剤やアロマ、香水といったものに使用されているのを、よく見かけると思います。

小さくてかわいらしい花を咲かせますが、その一方で甘く強い香りを漂わせるのがジャスミンの特徴です。

 

ジャスミンの香りにはリラックス効果があると言われるので、茶葉があれば、休憩タイムにこうしてお茶を淹れてみるのもおすすめですよ♪

 

今回はジャスミンの白や黄色といった花言葉についてまとめていきますが、なんだか魅惑的な裏花言葉もついているようなので、由来とともに紹介していきます。

まずは全体の意味から見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

  【全体】…愛らしさ、愛想のよい、優美、官能的

31b22916bdeba45bcf8faa6f853fe7bb_s

<全体の花言葉>

  • 愛らしさ
  • 愛想のよい
  • 優美
  • 官能的

 

ジャスミン全体の花言葉は、「愛らしさ」、「愛想のよい」、「優美」、「官能的」。

ジャスミンの見た目の印象からして、「愛らしさ」や「愛想の良い」「優美」は合っていると思います。

 

裏花言葉としては、「官能的」という意味が当てはまるのですが、なんとも魅惑的な花言葉ですね…(^^;)

この花言葉はジャスミンが甘美で誘惑的な香りを漂わせることから由来していると言われています。

 

また、ジャスミンは日が沈んでからその香りを放つため、インドでは「夜の女王」とも呼ばれています。

こういった部分も裏の花言葉に由来していそうですね。

 

  【白】…温順、柔和、好色

jasmine-1152661_640

<白の花言葉>

  • 温順
  • 柔和
  • 好色

 

白いジャスミンの花言葉は、「温順」「柔和」「好色」

「温順」とは素直な態度で従うといった意味です。

 

しかし、「好色」というのは…やはり裏花言葉に当てはまり、ジャスミンの甘く誘惑的な香りから来ていると思われます。

素直さや温厚さを感じる花言葉の裏には、随分と真逆に感じるような意味がついていますよね。

 


スポンサーリンク


 

  【黄色】…優美、優雅

a0027_000178

<黄色の花言葉>

  • 優美
  • 優雅

 

黄色のジャスミンの花言葉は「優美」「優雅」。

穏やか+魅惑的だった白いジャスミンとは変わって、おっとりとした花言葉が黄色のジャスミンにはついているようですね。

ジャスミンの清楚で可憐な印象を受ける花姿には、非常にお似合いな花言葉だと思います。(*^^*)

 

黄色のジャスミンには裏といえるような花言葉は見当たらないようですが、調べた所では一部で「私はあなたのもの」という意味の花言葉もついているみたいです。

こちらもなかなかですが、白色ほど裏っぽくはないかな~と思います^^;

 

  【ピンク(ハゴロモジャスミン)】…官能的な愛、あなたは私のもの、誘惑、優しさを集めて

ピンクのジャスミンというのは、私が調べた所ではとくに全体として花言葉がついているわけではないようです。

ただ、ジャスミンの種類のひとつである「ハゴロモジャスミン」という花は花びらの外側がピンク色になっていて、独自の花言葉もついています。

043196589d8c4d029ed755a0ce4ffd8e_s

<ハゴロモジャスミンの花言葉>

  • 官能的な愛
  • あなたは私のもの
  • 誘惑
  • 優しさを集めて

 

ハゴロモジャスミンはその香りと満開になった時の様子が、ほのかな色合いでピンクの羽衣をまとって見える姿から、「誘惑」や「優しさを集めて」「官能的な愛」という意味がつけられるようになったのだそうです。

 

また、「あなたは私のもの」という花言葉にも由来があり、インドではハゴロモジャスミンを恋人から贈られると、愛の象徴として女性の髪に編みこむ習慣があるのだそうです。

インドでは「愛の花」と呼ばれ、結婚式でもジャスミンで作った花輪で着飾るのだそうです。

 

こちらも裏の花言葉としては「官能的な愛」が当てはまるのでしょうが、ジャスミンは全体的に誘惑的な意味が多いですよね。(笑)

 


スポンサーリンク


 

  【茉莉花(マツリカ)】…清浄無垢、長すぎた春、愛想がよい

a0960_007621

ジャスミンには有名な品種のひとつに、「茉莉花(マツリカ)」と呼ばれる香りの豊かな品種があります。

7~9月に開花期を迎え、アラビアンジャスミンとも呼ばれますが、こちらにも独自の花言葉が付いています。

 

<茉莉花の花言葉>

  • 清浄無垢
  • 長すぎた春
  • 愛想がよい

 

「清浄無垢」という意味は茉莉花が真っ白な花をつけることから、純粋な印象を受けるのに由来し、「長すぎた春」というのは、たくさんの花を付ける割には結実がしにくい特徴からつけられたと言われています。

 

そう聞くと茉莉花はあまり恋に対しては使わないほうが良さそうですが(実を結びにくいため)、裏というほどの花言葉はついてないみたいですね。

白は純粋な意味がつけられていることが多く、白のガーベラやコスモスには「純潔」という花言葉がついています。

 

  ジャスミンの裏の花言葉をまとめると

  • 全体:官能的
  • 白:好色
  • 黄色:私はあなたのもの
  • ピンク(ハゴロモジャスミン):官能的な愛

 

黄色はまだセーフライン(かも)ですが、ほかは少し魅惑的すぎるかも…(汗)

 

  【誕生花・別名・原産地・開花時期】詳細情報

  • 誕生花:6月8日。羽衣ジャスミンは3月24日。茉莉花は10月23日。
  • 別名:ソケイ(素馨)、マツリ、マリ(茉莉)
  • 原産地:アジア、アフリカの熱帯や亜熱帯。
  • 開花時期:10~4月(※種類によって異なる。春から秋に咲くものもある)

 


スポンサーリンク


 

  ジャスミンの花言葉まとめ

  • 全体:愛らしさ、愛想のよい、優美、官能的
  • 白:温順、柔和、好色
  • 黄色:優美、優雅
  • ピンク(ハゴロモジャスミン):官能的な愛、あなたは私のもの、誘惑、優しさを集めて
  • 茉莉花(マツリカ):清浄無垢、長すぎた春、愛想がよい

 

花言葉はなかなかに際どいものも多いですが、花の印象香りの強さに由来する花言葉がついていますね。

 

ジャスミンは香りでリラックスさせてくれます。

気持ちを落ち着けたい時にでも、ジャスミンティーを飲んでみてくださいね♪(ホットがオススメ)

ほかにも花言葉の記事をまとめているので、よければ見ていってください~。

【春の花言葉はこちら】

 

 

 

 


スポンサーリンク


Pocket