Pocket

ハロウィンには訪れた子どもや、友人にお菓子をプレゼント~!

…したいところですが、せっかく差し上げるなら、そのままではなくてかわいくラッピングしたいですよね(^^)

今回はハロウィンに使えるラッピングのアイデアを紹介していきますが、あまりコストをかけたくない!という人のために、100円ショップ(ダイソーなど)で揃えられるラッピングも紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

  ラッピングのアイデア

ラッピングでハロウィンらしさを出すには、まずはハロウィンカラーである「黒とオレンジ」を意識して使ってみましょう。

 

必須ではないものの、この2つの色を使うと、ぐっとハロウィンらしい雰囲気を出すことが出来ます。

袋がシンプルなら、ポイントとしてかぼちゃやおばけが書いてあるリボン、または飾りをつけるのがおすすめです。

 

  複数人に渡す時おすすめの簡単ラッピング

簡単に包むなら、紙袋またはラッピング用の袋を用意し、シールorリボンorタイでとめるだけの方法があります。

袋はハロウィン柄のものを準備するか、あるいはリボンなどをハロウィンらしいもので準備するのがおすすめです。

(10月に入ってハロウィンが近くなると、各所のデパートやショッピングセンターでも、ハロウィン柄のラッピング用品が出るようになります。

 

  1

こちらはハロウィン柄の紙袋に、かぼちゃのシールを使用してあるので雰囲気がでてます。

<準備するもの>

  • ハロウィン柄の紙袋
  • かぼちゃやおばけのハロウィンシール
  • 【手作りの場合】中身のお菓子用の袋(透明なものがおすすめ)

 


スポンサーリンク


 

  2

ハロウィン柄のラッピング袋に、かぼちゃやお化けの飾りをリボンにつけると、ポイントになってかわいいですね♪

<準備するもの>

  • ラッピング袋
  • リボン
  • おばけ・かぼちゃの飾り

 

  3

こちらはシンプルで透明な袋に入れてありますが、リボンの柄がより際立ちます。

 

<準備するもの>

  • 透明なラッピング袋
  • ハロウィン柄のリボン

 

  4

かぼちゃの顔がついたラッピング

袋一枚でも、デザインでずいぶんと印象が変わりますね。(*^^*)

 

<準備するもの>

  • かぼちゃのラッピング袋
  • リボン

 

  5

ハロウィンらしい、ホラーなアイデアラッピングもあり。(笑)

これはビニール手袋にお菓子をつめて、根元をリボンで結ぶだけなのだそうです。

ビニール手袋ならダイソーなどでも売っているので、驚かせたいならおすすめです。(笑)

<準備するもの>

  • ビニール手袋
  • リボン(黒や紺がおすすめ)

 

  6

こちらはシンプルな紙袋を使用したラッピング方法。

紙袋の裏部分をハロウィン柄のテープでとめて、リボン(紐)でつつみ、お化けのタグを使用。

<準備するもの>

  • 紙袋
  • ハロウィン柄のテープ
  • リボン(紐)
  • タグ(お化け、かぼちゃなど)

テープは、楽天で以下のようなものがありました。

 

 

  7

紙袋でも、こんな感じでシックなものを使用してもいいですね。

 

<準備するもの>

  • 紙袋
  • シール

 

  8

たくさん詰めなくても、アイシングクッキーならひとつずつラッピングする方法もあります。

波形のボール紙にハロウィン仕様のテープを貼り、上にクッキーを置き、透明な袋に入れましょう。

上をタイでとめれば完成です♪

 

<準備するもの>

  • 波形のボール紙
  • ハロウィン柄のテープ
  • タイ
  • 透明な袋(小さめ)

 

  9


これは自分でも書けそう?(笑)

 

  10


こちらはお化け型。

袋やタイがあればOK。

 

  少数に渡す時おすすめの簡単ラッピング

少人数であれば、少し大きめにラッピングしてもいいでしょう

 

  11、かぼちゃ型ラッピング

大きめの薄手の紙(オレンジ色)でお菓子を包み、マスキングテープで上部をとめて、不要な部分を切り取るだけです。

開いた時に、お菓子がわぁーっと出てくる仕様です。

<準備するもの>

  • オレンジ色の薄手の紙
  • マスキングテープ(太めがおすすめ)

作り方は以下のページにのっています。

お菓子のラッピング 

 

  一手間かけたいとき

  12、かぼちゃ型ボックス

こちらは画用紙を使って、かぼちゃの形に自作することができます。

 

側面がなく、くるっと包むだけなので、お菓子を透明な袋に詰めて内側をテープでとめる必要があります。

マフィンなどの大きいお菓子を入れるのではなく、キャンディやクッキーなど、小さめのお菓子を入れるのに適しています。

<準備するもの>

  • プリンター(印刷用)
  • 画用紙
  • リボン(オレンジと黒がおすすめ)
  • 中身のお菓子用の透明な袋
  • セロテープまたは両面テープ

印刷できる型紙や、詳しい作り方はこちらから見ることが出来ます。↓

ハロウィン用ラッピングケース 

 

ハロウィンでかぼちゃが定番になっている理由については以下をどうぞ。

 


スポンサーリンク


 

  13、パウンドケーキのラッピング

 

こちらはパウンドケーキをOPPのシートに包み、厚紙などで覆ってリボンでラッピングした方法です。

リボンはハロウィンらしくオレンジや黒(茶でもOK)、ハロウィンのシールもつけると雰囲気が出るでしょう。

 

ちょうどいいサイズがあるなら、ギフトボックスに入れるのもおすすめです。

プレゼントによさそうですね~♪

<準備するもの>

  • OPPシート
  • リボン
  • 厚紙またはラッピングボックス
  • ハロウィン柄のシール

参考HP(リンク先:nanako*sweets-cafe♪)

 

 

  ダイソーなど100均のラッピング用品を使って簡単に包む

100円ショップはコストも低く、多人数の人たちにお菓子を配りたい時に向いています。

 

  100均でも十分に揃う


こちらのラッピングなどはすべてダイソーで売っています。

マチ付きの袋のほか、パーティーなどにも使える紙コップも売っています。(笑)

 

  袋


袋に加えてマチやタグもセットになっています。

これ一つで一通り揃ってしまいますね。(*^^*)

 

 

 


袋は下部が丸くなっているタイプもあります。

大勢に配るなら、四角い袋といっしょに揃えてもいいですね♪

 


スポンサーリンク


 

  リボンもあり


ダイソーにもハロウィン柄のリボンがあります。

袋をとめるために使うことができるので、少し工夫をしたいときは活用するといいですね♪

 

  ラッピング完成図

これだけたくさんラッピングしても600円ほど。お手頃ですね♪

 


黒猫仕様の袋。

 

 


いい感じの量を入れることができるので、キャンディーやクッキーなど、中身の種類も豊富にすることができます。

 

 

  その他、100円ショップで揃えられるラッピング用品


袋は大きいサイズから小さいものまであります。

 

 


紙袋にハロウィンシールを貼るだけで、これだけかわいいラッピングにすることができます。

 

 


リボンやワックスペーパー、ラッピング袋など。

 

 


陳列棚を見ても、ハロウィンのラッピング用品がなかなかに充実していることがわかります。

(これはおそらくダイソー)

 

 


詰め方が終わったラッピング袋を見ると早く渡したい気分になりますよね~。

 

  その他のお店でのハロウィンラッピング用品

 

東急ハンズでも雑貨の取り扱いがあるので、季節が近づくとハロウィン仕様のラッピング用品が販売されます

 

割と早めに入荷するお店もある模様です。

 

  ハロウィンのラッピング用品が買えるネットショップ

100円ショップがコストも低く、一番揃えやすいですが、きちんとしたものを揃えたい人のためにラッピング用品を取り扱うネットショップも紹介しておきます。

こちらは袋のほかにも、ハロウィン柄のタグやクリップ、掛紙などの豊富な商品を取り扱っているのでおすすめのショップです。

ヘッズ

 

ポップな印象のタグやタイ、雑貨の取り扱いもあり。

お包み屋

 


スポンサーリンク


 

  ハロウィンお菓子のラッピングまとめ

ハロウィンでは基本的に多人数に配ることが多いと思いますので、コストを抑えるためにぜひ100円ショップを活用してみましょう♪

大切な人に渡すならラッピングの専門店で道具を選ぶと、心持ちが変わりますのでおすすめです。

 

ハロウィンのお菓子については、以下で市販のおすすめを紹介しています。

どんなお菓子を配ろうか考えているときは、ぜひご覧ください。

手作り派の方もいるかもですが、市販のお菓子は期限が長いという利点があります。

相手がたくさんもらう場合、焦って食べなくていいので助かるでしょう。

 

 


スポンサーリンク


Pocket