Pocket

ハロウィンで特別なメイクをするなら、一度はやってみたいのが傷メイクではないでしょうか。

仮装した格好に傷をプラスするだけでホラーっぽさが深まるので、ハロウィンの雰囲気を盛り上げたいならぜひ挑戦してみましょう。(*^^*)

 

今回は、身近な道具やメイク用品でできる簡単な傷メイク方法を、6つ紹介していきたいと思います。

腕、手、顔の場所別でまとめているので、メイクを施したい部分から見てみてもOKです。

 

スポンサーリンク

  ハロウィンの傷メイクやり方

  1:【腕】メイク用品とティッシュで簡単傷メイク

<用意するもの>

  • ボンド
  • ファンデーション
  • ティッシュ
  • 綿棒
  • アイシャドウ(赤、青、黒)
  • 赤の口紅
  • グロス

ファンデーションを混ぜたボンドでティッシュを貼り付けて、アイシャドウやリップで着色していく傷メイクです。

これは血のりを使わず、代わりに赤の口紅が使用されているので、必要なのはほとんど通常のメイク用品です。

 

  2:【腕】水性ペンと水のりで作る傷メイク

こちらは一風変わった方法で、水性ペンを用いた傷メイクです。

赤と黒の水性ペンで線を交互に書く&ぼかすを繰り返して、水のりでテカりを加えるやり方です。

<用意するもの>

  • 黒と赤の水性ペン(+あれば青とピンクも用意)
  • 水のり
  • 綿棒
  • つまようじ
  • リキッドファンデーション

準備物に青とピンクの水性ペンがあるのですが、動画では黒と赤を使った方法のみ解説されているので、青・ピンクはなくても大丈夫だと思います。

ペンは油性だとうまく水に溶けないので、水性を使うように注意しましょう。

 

  3:【手】ティッシュ使用のパックリと開いた傷メイク

<用意するもの>

  • 下地
  • ティッシュ
  • アイプチ
  • コンシーラー
  • アイシャドウ(青、赤、黒)
  • グロス

アイプチでティッシュを貼り付けて、コンシーラーやアイシャドウなどで傷口を作る方法です。

 

動画と同じように進めていくと、パックリと裂けたような痛々しい傷ができあがります。

最後にグロスを使用しているからか、結構ツヤツヤして生々しいですね。(^^;)


スポンサーリンク


 

  4:【手】家にあるものでできる傷メイク

ザクッと開いた傷口とアザが広がったような手の傷メイクです。

リアルで怖いですが、これも一応メイクですよ。(^_^;)

<用意するもの>

  • アイシャドウ(マットなレッド・ブルー・グリーン・ブラック)
  • 速乾の木工用ボンド
  • リキッドファンデーション
  • つまようじ
  • ティッシュ
  • 血のり(片栗粉、赤・黒・緑の絵の具で作る)

血のりを自作する場合、方法は色々あります。

コチラは水のりを使うやり方。動画があるとわかりやすいですよね。

 

  5:【顔】100均の道具で控えめ傷メイク

傷メイクってなるとかなり生々しいのが多いのですが、これはそこまで露骨ではない傷だと思います。

動画で使われているのはすべて100均で揃うそうなので、1からでも用意しやすいですね。

<用意するもの(血のり)

  • 液体のり
  • 水彩絵の具(赤、緑)

<用意するもの(傷メイク)

  • ゼラチン
  • ファンデーション
  • 裁縫道具
  • コンシーラー
  • アイシャドウ
  • スポンジ(ファンデーション用)
  • 絵の具
  • (血のり)※先に作っておく
  • ティッシュ

傷メイクと言っても、ガッツリとした傷ではなくて、怖すぎないほうが良いな~って人におすすめなメイク方法です。

 


スポンサーリンク


 

  6:【顔】口裂け風、コットンを使った傷メイク

唇の端から裂けたような傷メイクのやり方です。

この動画はゾンビメイクのページでも紹介しているのですが、しっかり傷メイクなのでこちらでもまとめておきたいと思います。

 

ティッシュではなくコットンを使用したやり方となっているので、また違った傷メイクの方法を試したいときにもおすすめです。

<用意するもの>

  • アイプチか付けまのり(アイプチのほうが良い)
  • コットン
  • リキッドファンデーション
  • アイシャドウ(赤、赤紫、緑、茶、黒)
  • ハサミ
  • リップ(赤)
  • 透明グロス
  • 血のり(100均のでOK)

この傷もすごい痛そうです~…ピリピリしてそう…メイクだけど。(^^;)

 

  手間を省きたいならシールを使う手段もあり

メイクするのが面倒に思う場合は、シールで傷の演出をしてしまうって手もあります。

シールは貼ればOKなので、本当に手軽な手段です。

仮装が終わったらすぐに剥がすことができますので、一日だけのパーディーなどでもおすすめです。

ネットショップでも取り扱いがありますし、シーズン中は100円ショップでも売っていますので、好みの種類を探してみるといいと思いますよ。

 

ただしシールは肌が弱い人の場合はかぶれちゃったりするかもしれないです。(私もアトピーなので敏感…)

このような人の場合は無理にシールを使わず、自分の肌に合うものでメイクをした方がいいと思います。

 

体質的に大丈夫なら、結構便利なんですけどね…シールって…。

私はどうしても敏感肌でかゆくなっちゃうなので、シール使える人がうらやましいです。(笑)

 

  ハロウィンの傷メイクまとめ

普通だとなかなか傷メイクをする機会はないと思うので(というかハロウィンくらい?)、このチャンスにぜひ挑戦できるといいですね。

 

ただ、メイクでも生々しい傷は快く思わない人もいます。

私の高校の同級生にも、血液表現とか苦手な子はいましたからね。(^^;)

もしイベントやパーティーなどで、傷メイクをしたまま公共の場所に行く場合は、できるだけ見えないように配慮することも大切です。

 


スポンサーリンク


Pocket