入学式のコサージュ~選び方や付け方~色や種類・つける位置や向きはどうなる?

fc3a9ac7dc8f035782d0268df9569def_s2
Pocket

“入学式のコサージュはどんなものを選んだら良い?“

“正しいつけ方は?“

入学式には多くのママさんがスーツを着て子どもの入学式に出席すると思いますが、この時プラスαでつけようと思うのがコサージュです。

お花のカタチをしているだけあって、これひとつあればパッと華やかになりますし、おめでたい入学式なので明るくお祝いしてあげたいですよね。

 

しかし、いざコサージュを選ぶときに気になるのが「色は何色が良いのか」「種類はどんなものを選んだら良いのか?」という点。

合うものを購入できたとしても、「スーツにどう付けたら良いのか」という部分にお悩みになると思います。

また、入学式にコサージュはつけている人が多いイメージですが、そもそも必ず準備しなければならないのか?という疑問もあります。

<このページに書かれている内容>

  1. 入学式のコサージュの選び方(色や種類)
  2. コサージュのつけ方(位置や向き)
  3. 入学式にコサージュは必須なのか?

今回はこれらについてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

  コサージュの選び方

  色

コサージュの色の選び方はスーツの色やデザインにもよるのですが、基本的に派手すぎない淡い色が入学式にはふさわしいです。

<例>

  • 薄ピンク
  • サーモンピンク
  • シルバー
  • 淡いオレンジ

ただ、濃い色がNGというわけではありません。

入学式の場合は明るめの色のスーツを着ることも多いので、濃い色のほうが似合うこともあります

この場合はコサージュが主張しすぎないように、濃い色は少し小さめのものをチョイスするとグッドだと思います。Σb( `・ω・´)グッ

逆に黒いスーツだったりすると、薄いパステルカラーのコサージュが似合います。

 

「黒のコサージュ」はお葬式をイメージさせるのでNGとされているのですが、グレーのスーツなどには似合うのでコーディネートによっては合わせることもあるようです。

喪をあらわすというのが気になるようであれば、選ばないほうが無難かなといった感じですね。(^_^;)

 

コサージュを選ぶポイントは、派手すぎず主張しすぎない、全身が上品にまとまるようにコーディネートすることです。

 

  種類(素材)

入学式に似合う素材・ふさわしくない素材のコサージュというのがあるので、それぞれ紹介していきます。

<入学式にOKな素材>

  • 生花:生きた花のこと。
  • オーガンジー:多少透けた生地で上品な印象になる。
  • プリザーブドフラワー:美しさをそのままに、生花を長持ちするように加工したもの。
  • シルクフラワー:ポリエステルやコットンといった素材で作られているお花。

シルクフラワーは、実際に「シルク(絹)」が使われているわけではなく、シルクの輝き方に似ていることからこの名前になったそうです。

紛らわしいですね。(^_^;)

 

逆に入学式につけてはいけない素材としては、カジュアルに見えてしまう布素材(木綿、麻、フェルトなど)です。

ビジューとよばれる、宝石のようにピカピカとした素材がついた「ビジューコサージュ」というのもありますが、これは輝きすぎないものであれば選んでも大丈夫です。

素材を選ぶポイントとしては、カジュアル・派手に見えず品が良い印象であればOK、といったところでしょう。

 


スポンサーリンク


 

  コサージュの付け方

  つける位置

コサージュは胸の左右どちらにつけてもよく、これといったマナーの決まりはないようです。

ただ、一般的には左につけることが多いです。

理由としては、ヒトの目線は右側に向けられやすいと言われているので、視線の中にコサージュが入りやすくなるからです。(自分から見て左側につけることで、相手から見て右側の位置にコサージュが来ます。)

 

また、つけるときは少し高めの鎖骨のあたりにつけると視線が上に集まり、スッキリとしてスタイルがよく見えますよ。

胸のあたりにつけてはいけないというわけではないのですが、視線が下になるので少し子供っぽく見えてしまいます。

 

  茎の向き

茎があるコサージュの場合は、「茎を下にするのか」「茎を上にするのか」これは決まりがありません。^^;

鏡を見ながら付けてみて、自分が着ているスーツで一番似合う位置に調整して大丈夫です。

これは服装とコサージュのデザインによって様々だと思いますので、この位置がイイ!と思える向きを探してみてください。

 

迷う場合は、お花が自然に咲いている向きと同じ「茎を下」にするのがオススメです。

 

  コサージュは必ず必要なの?

入学式では、実はスーツだけでも大丈夫で、コサージュは必須ではありません。

ただ、シンプルなスーツだけでは少しさみしいような印象になりがちですから、胸元の当たりにお花を添えることで入学式に相応しい華やかな印象にすることができるのです。

服装を引き立てる役割があるのはもちろんですが、コサージュには「相手に喜びを伝える」という意味が込められているので、品を保ちつつも華々しい入学式にはぜひ付けて欲しい飾りです。

 

しかし、準備にバタバタしてしまったりして、すぐに用意できない!というときは無理してコサージュを準備する必要はないと思います。

コサージュを付けない場合は、派手すぎない程度にアクセサリーをつけたりするのがオススメです。

 

  コサージュをつけない場合は

  1. パールのネックレスをつける
  2. 清楚・上品な印象ならパール以外のネックレスをつけてもOK
  3. カメリアタイプのコサージュを付ける
  4. ブローチをつける

コサージュを付けない場合は、パールのネックレスをつけてもいいでしょう。

パールは入学式では基本的には1連がいいですが、2連や3連でもマナー的には問題ありません。

 

昼のフォーマルの場では、光があまり反射しないアクセサリーが良いと言われますので、一番無難なのはやはりパールです。

ただ、入学式は葬儀のように厳しくはありません。

絶対にパールでなければいけないというわけではないので、別のアクセサリーを付ける場合はカジュアルすぎない・派手すぎないものを選びましょう。

 

ブローチについては、コチラをご覧になってくださいね。

 

個人的なオススメはカメリアタイプのコサージュをつけることです。

こちらは普段使いのアクセサリーとしても活用できそうですよ。

 

 

  入学式のコサージュまとめ

スーツだけだとシンプルに決まるので、基本的にはコサージュを付けることをオススメします。

ただ、絶対につけなければならない、というマナーがあるわけではないので、服装によってはアクセサリーだけでも十分なこともあります。

白など明るめの服だったらなくてもいいかな?とも思いますが、黒やグレーのスーツであればコサージュがあると明るい印象になって良いと思います。

 


スポンサーリンク


Pocket

コメントは受け付けていません。

トラックバック URL

https://miyakyo0001.com/nyuugakusiki-corsage/trackback

PAGE TOP