Pocket

シンプルで清潔感を感じるデザインが特徴の無印良品は、毎年販売される福袋も大変人気があります。

福袋の値段に対しての中身の充実さが人気のヒミツで、一番安いステーショナリーの1000円福袋でも8000円相当の品物が入っていたりするのだとか…!

 

今回は、そんなオトク感あふれる「無印良品福袋2018」の中身予想、及び購入・予約方法などについてしっかりまとめていきたいと思います。

<このページに書かれている内容>

  1. 無印良品福袋の購入方法、予約
  2. 過去の福袋の中身、値段、種類(2017、2016)
  3. 2018年の中身ネタバレ予想
  4. 無印良品福袋が人気のヒミツ

 

 

スポンサーリンク

  無印良品の福袋はどのように買う?予約は?

基本的な公式からの販売方法は二つです。

  ネットで抽選予約をする

無印良品では、だいたい毎年12月中旬くらいにネットでの予約を受け付けています。

予約はネット会員のみが対象となっているため、予め「MUJI.net」への無料会員登録が必要となります。

 

ただしこのネット予約、抽選となるので必ずしも手に入るとは限りません…。(^^;)

当選するとメールで連絡が来るそうなので、新しい年の運試しって意味も込めて申し込んでみるのもよさそうですね。

当選すれば幸先がいいです。(・ω・´;)

 

  店頭で購入する

無印良品店舗で購入するという方法もあります。

ただ昨年2017年の福袋はネット販売だけとなっていたので、今後、店頭での販売が再開されるかは不明です…。

(昨年はその分ネット販売の個数が多かったようです。2016年は2000個だったのが2017年は17000個に)

 

2016年、2015年は店舗販売があったので、再開されるとすればネット分の個数が多少減るかもしれませんね。

店頭だと争いって感じですけど、抽選だと運が強い人が勝ちますね。(笑)

 


スポンサーリンク


 

  2018年は?

まだ2018年無印良品福袋の購入方法は公表されていませんが、個人的にはネット販売はされるだろうと予想します。

この点については情報が出次第追記予定です。

 

  無印良品福袋の中身、値段、種類

まずは過去の内容から傾向を見てみて、予想をしてみましょう。

 

  【2017】1000円:ステーショナリー

ステーショナリーは文房具がメインとなった福袋で、2017年のは税込1000円

内容としては鉛筆やボールペン、ノートなどの文房具、バックインバックやペンケース、小物を入れられるケースなどがランダムに入っていたようです。

 

これは高くて1万円くらいの内容になったようで、価格に対するお得感はかなりのもののようですね。

 

 

  【2017】2000円:ヘルス&ビューティー

ヘルス&ビューティーは美容やコスメに関する内容がメインで、税込2000円でした。

内容はシャンプーなどのバス用品やネッククッションなどがランダムに入っていたようで、こちらは13000円くらいにはなる様子。

無印のコスメを気に入っているなら、得しそうですね。

 


スポンサーリンク


 

  【2017】3000円:ファブリックス、婦人、紳士

税込3000円の福袋は、クッションやスリッパなどが入ったファブリックスと、アウターを抜いた婦人、紳士の3種類です。

  • ファブリックスの内容:シートクッション、ひざかけ、ラグ、枕、スリッパなどランダム
  • 婦人(XS~XL)の内容:セーター、シャツ、イヤーマフ、タートルネックなどランダム
  • 紳士(S~XL)の内容:ニット、セーター、手袋、雑貨などランダム

種類にもよりますが、どれも福袋の価格の数倍にはなっています。

オトクであることは間違いないですね。

  【2017】5000円:紳士(アウター入り)、婦人(アウター入り)

税込5000円の福袋は、紳士・婦人それぞれでアウター入りの2種類です。

  • 婦人アウター入り(S~XL)の内容:アウター、シャツ、手袋、ストールなどランダム
  • 紳士アウター入り(S~XL):アウター、手袋、タートルネック、イヤーマフ、シャツなどランダム

 

だいたい2万~3万円相当の中身となっていたようです。

服は好みの当たりハズレがありますが、値段の面だけ見ればかなりのものですね。

 


スポンサーリンク


 

  【2016】1000円:ステーショナリー

つづいて2016年の中身で、こちらも1000円はステーショナリーのみです。

内容としてはノートボールペンなどの文房具、バックインバック、バインダー、カードケースなどがランダムで入っていたようです。

このときも相変わらず8000円や1万円相当といったオトクな内容でした。

 

  【2016】2000円:ヘルス&ビューティー

2016年も2000円はヘルス&ビューティーのみです。

 

内容としてはポーチやお香といったフレグランスアイテムなどが入っていたようです。

こちらも2017年と中身のお得感は変わらないようで、13000円ぐらいの内容です。

 

  【2016】3000円:ファブリックス、婦人、紳士

2017年と同様、3000円も同じ3種類です。

  • ファブリックスの内容:スリッパ、ラグ、クッションカバー、手提げ、座布団カバーなどランダム
  • 婦人(S・M・L)の内容:タートルネック、靴下、カーディガン、マフラー、ストールなどランダム
  • 紳士(S・M・L・XL)の内容:ニット帽、シャツ、靴下、手袋、ハンカチなどランダム

 

2016年の頃も相変わらずのお得な内容。

 


スポンサーリンク


 

  【2016】5000円:婦人(アウター入り)、 紳士(アウター入り)

5000円のはアウター入りの婦人服、紳士服です。

  • 婦人アウター入り(S~L)の内容:アウター、シャツ、カーディガン、手袋、マフラーなどランダム
  • 紳士アウター入り(S~XL)の内容:アウター、靴下、ストール、シャツなどランダム

変わらず2万~3万相当には及ぶ様子。

  2018年の無印良品福袋の中身ネタバレ予想

ここまで見てわかるのは、2018年も中身がかなりオトクであることは変わらないと思います。

過去にはベビー福袋が中止になったり、2014年はヘルス&ビューティーが1000円だったりしました。

なので多少内容の変更があるかもしれませんが、とくにステーショナリーは毎年充実した内容になっているので、2018年もコスパがいい福袋になってくるでしょう。(予想)

 

福袋の種類については今年の情報が出次第、追記していきます。

 

  無印良品福袋が人気のヒミツ

ここまで読んでいればわかると思うのですが、無印良品の福袋はとにかく価格に対しての内容がスゴイです。

福袋はもとが取れるかどうかっていう点がとくに大切だったりするんですが、無印の中身は福袋の値段の数倍に及びますからね。

(ステーショナリーなんて10倍の場合も)

 

あとはシンプルで受け入れられやすいので、実用性の面でも優れているのが理由ではないでしょうか。(^ω^)

 


スポンサーリンク


 

  2018年無印良品福袋まとめ

私もシンプルなデザインは好きなので、無印良品の福袋は興味がありますね。(*^^*)

一番は文房具が使いそうなので、ステーショナリーの福袋は欲しいかもしれません。(笑)

次のときにネットで予約をしてみたいと思います。(抽選に当たるかはわかりませんが)

 

逆に服は好みがあるので、予約があっても私は申し込まないと思います…。

(´・ω・`)

 

人気の福袋だとスタバが定番なんですが、こちらは結構並ばないと買えないようですね…。

 

 


スポンサーリンク


Pocket