Pocket

姫島盆踊り(ひめしまぼんおどり)は大分県の姫島で行われます。

念仏踊りから発展したと言われているこの盆踊りは、キツネ踊りやアヤ踊り、銭太鼓(ぜにだいこ)、猿丸太夫(さるまんだゆう)といった伝統的な踊りのほか、新しい創作踊りも生み出され、披露されるそうです。

今年2016年の開催は08月14日(日)~08月15日(月)となります。

 

今回は、この姫島盆踊りの駐車場などについてまとめていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

  駐車場について

駐車場は300台ほどの収容台数があり、伊美港に設けられる臨時駐車場に停車することになります。

駐車場は有料となっており、1台につき日帰り500円となっています。

 

  フェリーには車を乗せられない

盆踊りの期間は、車をフェリーに乗せることはできないので、港の周辺へ駐車することになります。

その後フェリーに乗って姫島へ向かうことになりますが、船賃として往復で大人ひとり1140円がかかります。

 

 

  開催時間やアクセス、雨の場合

  • 開催時間:8月14日、8月15日の両日とも19時~21時
  • 会場:姫島村(姫島港フェリー広場、各地区盆坪)
  • 住所:〒872-1501 大分県東国東郡姫島村
  • 天候:雨天中止
  • 電話:0978-87-2279(姫島村 水産・観光商工課)

 

 

<キツネ踊り>

 

 

  車でのアクセス

赤の★が姫島村緑のポイントが姫島行きフェリーのりば青がJR宇佐駅オレンジが大分空港です。

大分空港または宇佐駅からは車で50分、港に到着してからはフェリーで姫島村へ向かいますが、乗船している時間は約20分ほどとなります。

 


スポンサーリンク


 

  電車でのアクセス

電車の場合、宇佐駅からはバスを利用することが出来ます。

宇佐駅前からは「伊美行き」の路線バスが出ているので、約1時間ほど乗車し「伊美港」で降ります。

時刻表はこちらのページから検索してみてください。

宇佐駅前から伊美港へ向かうバスの時刻表

 

なおJR大分駅からJR宇佐駅へ向かう場合は、JR日豊本線(中津行き)に乗車して向かいましょう。

JR日豊本線の時刻表はこちらから

通常であれば1時間ほど乗車することになりますが、料金を多めに払って「特急ソニック」に乗車すると時間を半分ほどにすることができるようです。

 

 

  帰りのフェリーについて

盆踊りの終了後は夜間臨時便としてフェリーが出ることになります。

 

増便されるようですが、行くときの往復きっぷを買った順番で帰りのフェリーに乗れる順番も決定されるとのことです。

行きで第1便に乗れば、帰りも第1便で帰ることが出来るようですが、帰りのチケットの時間を守るように注意しましょう。

 

なお、場所取りをしたい場合は17時くらいまでに確保するようにすると、前のほうに座ることができるそうです。

(当日の混雑状況にもよりますので、あくまで目安と捉えてください。)

 

 

  姫島盆踊りまとめ

車の場合は港に駐車することになりますので、その後フェリーで会場の姫島村へ向かいましょう。

他にも大分のイベントをまとめているので、よければご覧下さいね。↓

 

 


スポンサーリンク


Pocket