一人暮らしの家電リストおすすめ8つ!費用・予算はいくら?セットはお得なの?

935b3a8849793f33ae5151d3b0770ea1_s764
Pocket

“ひとり暮らしをするときにおすすめな家電ってなに?“

 

新しくひとり暮らしをする…というときは遠くの学校・職場に通い始める学生さんや新社会人の人が多いと思います。

でも、ひとり暮らしを始めるにあたって「まず何の家電をそろえたら良いんだろう?」みたいなギモンは必ず浮かぶことです。

というわけで、引っ越しやひとり暮らし経験のある管理人が必要・揃えたほうが良いと感じる、新生活において一人で暮らす際に揃えるべきおすすめ家電を紹介していきます。

 

このページでは、以下の内容がまとめてあります。

  1. ひとり暮らしでおすすめ(必要)な家電のリスト(一覧)
  2. その家電がおすすめな理由
  3. どの家電からそろえたらいいか
  4. 家電量販店の「家電セット」ってどうなの?
  5. 家電の購入場所

 

 

スポンサーリンク

  一人暮らしでおすすめな家電リスト

  1. 冷蔵庫
  2. 洗濯機
  3. 電子レンジ
  4. エアコン
  5. 炊飯器
  6. ドライヤー
  7. テレビ
  8. 掃除機

状況によって必要のない場合もあるので、予算と一緒にそろえるべき理由をひとつひとつ見ていきましょう。

 

  1:冷蔵庫

  • 予算:自炊しない派(100L前後)なら2~4万、自炊するなら200Lくらいで4~6万(ピンキリ)

※予算は価格.comで見ています。

 

家電の中でも、そろえるなら初めに頭に浮かぶであろうものが冷蔵庫。

生鮮食品を冷やすことができるため、自炊メインで生活する人には必須です。

その日に作る分だけ野菜を買う…という手段もありますが、それを毎日というのはなかなか大変ですし、安いときにまとめ買いすることもできなくなります。^^;

とくに夏場は…冷蔵庫がないとキツイですよ…。

 

しかし、コンビニで今日食べるものだけを購入したり、外食メインであれば初めからなくても過ごせちゃったりします。

ただ、

  • 飲み物、調味料、購入したおつまみやサンドイッチを冷やしておける
  • いつでも食べられる「冷凍食品」を備えておいたり、「アイス」が購入できる

自炊しなくてもこういった利点があるので、早めに揃えておきたい家電です。

すぐに買わなくても、いずれは購入しようと考えておくといいと思います。

 

  2:洗濯機

  • 予算:5kgほどなら3〜4万円くらい

服の洗濯は必ずしますよね、なので洗濯機も必須の家電となります。

 

新しく住む場所の近くにコインランドリーがあるならそちらを使ってもいいです…が、頻繁に通うのも大変ですし、自宅で洗濯ができればわざわざ出かける必要はないので、はじめから揃えておくことをおすすめします。

ひとり暮らしの場合、洗濯機の容量は5kgくらいあれば十分と言われます。(基本はタテ型と呼ばれるタイプです)

 

週末にまとめて洗うとかならもう少し容量を増やし、6kgや7kgを選ぶこともできますが(値段は3~6万くらい、ピンキリ)、住むところのスペースを考えて選ぶようにしてください。

 

乾燥機能がついているほうがいい、という場合はドラム式と呼ばれるタイプのほうが性能がいいですが、ドラム式は容量が大きく(7kgぐらいから)、スペースも必要で10~15万の予算がかかります。

 

  3:電子レンジ

  • 予算:温めるだけの電子レンジなら1万円以内、オーブンレンジなら12000円~(ピンキリ)

電子レンジは、ぜひゲットしておいてください。

自炊をするか、しないかにかかわらず、

  • ホットミルクや温かい飲み物を作れたり
  • 冷めたご飯やお弁当が温かく食べられるようになったり
  • はじめは固形なのにチンすると液体になるスープがあったり

…と色々と便利だからです。(笑)

炊いて残ったご飯が以降、冷たいままで食べなければいけないのは少し悲しくなりますよね。(´ω`;)

 

温めるだけの単純機能の電子レンジなら1万円せず購入ができますが、別に「オーブンレンジ」と呼ばれる種類があって、こちらはトーストやお肉を焼けたりして便利です。

「絶対料理なんてしない!!」と言い切れる場合はまだしも(笑)、どれだけ料理を作るかわからないなら、とりあえず便利なオーブンレンジをおすすめします。

 

オーブンレンジも1万円前後で結構売ってます。コチラはAmazonで人気のようです。

 

 

  4:エアコン

  • 予算:4万くらい~(部屋の広さによる)

エアコンは季節によってはなくても過ごせますが、冷房・暖房どちらにも使えるタイプはあって損はないのでおすすめです。

とくに夏は…家にほとんどいないタイプの人でも、熱中症になるリスクを考えれば購入しておいてもいいでしょう。

 

また、購入の際の注意点として、部屋の居住スペースがどのくらいであるかをチェックしてから選ぶようにしてください。

ひとり暮らしだと1Kや1Rが多いと思いますが、エアコンは部屋のサイズに合わせたものでないと効かなかったりしますので。(^^;)

 

エアコンははじめから備え付けてある物件もあるので、その点は先に確認しておいてくださいね。

 

  5:炊飯器

  • 予算:3合炊きなら1万円以内から購入可能

炊飯器は自炊メインならぜひ買っておきましょう。

食卓にご飯がないというのは、日本で育った人の場合、少しさみしいものがあります。(^^;)

ご飯はレトルトのものを購入する手段や、すでに炊いたものを売っているスーパーもあるのですが、家で食事をとる機会が多いなら…炊飯器買いましょう…。

 

ひとり暮らしであれば3合くらいでいいと言われます。

ただ、少し多めに作って冷凍してとっておきたい、ご飯好きだからたくさん食べる、という人なら5.5合くらいのものを購入してもOKです。

 

3合ではこちらが人気でした、象印は炊飯器のランキングに多く入っていますね。

 

 

5.5合だとこちらが売れ筋の様子。

 

  6:ドライヤー

  • 予算:5000円くらい

身だしなみを整えるために必要なのがドライヤー、「いままで家族共用のものを使用していた」という人は購入しておいてください。

とくに髪型を気にする女の子には必須ですよ!!

他の家電で予算がかかってしまうときは、とりあえずドライヤーは5000円以内で間に合わせておいてもいいでしょう。

 

個人的なオススメであれば業務用ドライヤー、風力が強くてすぐ乾くのです。

値段は1万前後で少し張りますが、「あまり髪を乾かすのに時間をとりたくない…(´ω`;)」という場合に役立ちます。

 

 

  7:テレビ

  • 予算:32型なら3~5万(HDDやブルーレイ内蔵だと6~9万くらい)

テレビは暇つぶしのためにドラマやバラエティ番組、DVDを見たり、ゲームをする、毎朝のニュースを見たりといったことができます。

テレビは一般家庭に広く普及しているので、子供の頃から親しんでいる人がほとんどでしょう。

なのでテレビが無い環境では生活が物足りなく感じてしまうことがあります。

 

あとは、ひとり暮らしだと部屋には自分以外に人がいないので、寂しがり屋でもテレビの音があることによって気分的にもさみしさが軽減されるという利点があります。(笑)

 

ワンルームや1Kである場合は32型テレビが距離的にちょうどいいとされていますが、個人的にはテレビははじめから揃えなければいけない…というほどではないと思います。

最近はスマートフォンや自分用のパソコンがあればニュース・天気予報をチェックできたりします。

なのでテレビは必須か?と聞かれると、実用性を考えてみて、予算がキツイというときは無理して初めから買う必要はないかな…と思います。

 

どちらかというと、生活するために必要なもの(洗濯機やエアコンなど)から揃えるのが優先かなって感じです。

 


スポンサーリンク


 

  8:掃除機

  • 予算:数千円から万単位までピンキリ

掃除機も必要かどうかというと…あると便利とは言えます。

 

掃除をするならほうきやちりとりだけでOKな部屋の場合もありますし、カーペットならコロコロと転がしてゴミがとれるカーペットクリーナーがあれば意外と掃除機はいらなかったりします。

ただ、掃除機があるとサッと手にとることができるので、掃除が手軽になるという利点があります。

なので利便性を求めるならおすすめといえるでしょう。

 

ひとり暮らしをする場合、おすすめな掃除機はスティック型の掃除機です。

勧める理由としては、スティック型はタテに長くスマートなので、居住スペースをあまり占領せず済むからです。

 

普通の象みたいな(笑)カタチをしている掃除機はガッツリ場所をとるので、1Kや1Rでのひとり暮らしでは邪魔になるかも…。

十分な広さがあるなら話は別なんですけどね…。

 

こちらはコードレス(線がない)タイプ。

コードレスのスティック型クリーナーは2万近くにはなるのですが、線が絡まないおかげで掃除がとても手軽になります。

個人的にはコードレスをおすすめします。

 

 

ただ、線があってもいいなら、値段はぐんと下がります。

1万円以内で購入できるものもたくさんあるので、とりあえず安めでも良いのでほしい、と思うならチェックしてみてください。

 

 

  それで、どの家電から揃えたら良いの?

ということで、ここまでの内容をふまえてまず揃えるべきおすすめ家電というのをまとめてみました。

  1. エアコン(冷暖房、快適な環境を整えるため)
  2. 洗濯機(ないと着れる服がなくなる。ただし近くにコインランドリーがあればすぐでなくても大丈夫)
  3. 電子レンジ(料理をしなくてもいろんなものを温められる)
  4. ドライヤー(毎日身だしなみを気にするなら必須)

この4つはすぐ揃えておいてください。(ドライヤー、洗濯機は人それぞれの環境によります)

ドライヤーは使わない人もいますが、身だしなみを気にする人にとっては毎日のことなので自分用のものがなければすぐ購入しておきましょう。

 

エアコンは引っ越しをした時期にもよりますが、暑さ寒さをしのぐのはまず第一に大切です。

また新しい生活で料理をする余裕がなくても、電子レンジがあればとりあえず買ってきたものを温めて食べることができます。

 

つぎに、すぐではなくてもいい家電です。

  1. 冷蔵庫(自炊しないならすぐでなくても大丈夫)
  2. 炊飯器(ご飯を食べたいなら・家でよく食事をするなら)
  3. 掃除機(手軽に掃除したいなら)
  4. テレビ(暇つぶしやニュースを見たりなど)

これらは順次揃えていく、というスタイルでも意外と大丈夫です。

ただ、冷蔵庫だけは食べきれなかったものとかも冷やしておけますので、早めに揃えておいてもOKだと思います。

 

  家電セットはお得なの?

家電量販店や、家電を取り扱うネットショップなどでは「家電セット」と称して、一人暮らしに必要な家電が集められたセットが販売されています。

冷蔵庫、炊飯器、洗濯機、電子レンジといったとりあえず揃えておきたい家電がいっしょになって販売されているのです。

 

これは、一人暮らしでそれなりに間に合うくらいのスペックの家電が集められており、たしかに価格面では総合的にお得となっているのですが、内容が選べません。

もう少し容量が多い洗濯機が良いなとか、色を選びたいとか、ご飯がもっと炊ける炊飯器がほしいとかだと、やっぱり個別で購入したほうが満足のいく買い物ができるでしょう。

 

家電セットは家電にこだわりがなければお得、といった感じです。

 

  家電ってどこで買えばいいの?

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店の店頭で買うのが一般的(私もこの方法で買いました)ですが、現在はインターネットも普及しているので通販という方法もあります。

<家電の入手方法>

  1. 家電量販店で買う(ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラなど)
  2. インターネットで買う(店頭より安い場合が多い)
  3. ネットオークションで買う
  4. いらない人から譲ってもらう

 

ぶっちゃけ、家電は店頭で見てから同じ機種のものをインターネットで見てみたほうが安かったりするので、費用を安く抑えたいなら「購入はインターネット」をおすすめします。

比較サイトの「価格.com」は見ておいて損はないですよ。

 

ただし、店頭購入の魅力的な所は店員さんが自室の広さやスペックに合わせたおすすめ家電を教えてくれるところにあるので、とりあえず家電量販店で聞いてみるのは悪くはないと思います。

ちなみに購入前は必ず置く場所の寸法(とくに冷蔵庫)をチェックしてから買ってくださいね!!

 

オークション(中古)は保証切れになっていたり、古くなっていたり、相手がどんな扱いをしたかなどによって壊れやすかったりするので、できれば新品で買うことをおすすめします。

 

  一人暮らしで必要な家電まとめ

必要な家電については一通り知ることができたでしょうか?

だいたいの人は年が明けてから新生活への準備を始め、2月、3月くらいに引っ越しが集中すると思うので、新居で寒さをしのげる環境はすぐ整えておいてくださいね。

 

また、記事の中でも言っているのでしつこいようですが、必ず部屋の広さやスペース、寸法を確認してから合う家電を買ってください。

でないと、設置のときに大きすぎたりして悲惨な目にあいますからね…(^^;)

 


スポンサーリンク


Pocket

コメントは停止中です。

トラックバック URL

http://miyakyo0001.com/hitorigurasi-kaden/trackback

PAGE TOP