2016年山口祇園祭の屋台!交通規制や駐車場、日程はどうなる?

50f9976a77cfb3f9264168482f350015_s4
Pocket

山口祇園祭は、山口に夏が来たことを知らせます。

室町時代に山口で、京に模したまちづくりを行っていた大内という男性が、京都から歓請(神さまの来臨や神託を祈ったり願うこと。神さまの分身を他の地に移して祀ること)した八坂神社の例祭です。

八坂神社がお祭りの中心となり、約600年もの間行われている伝統的なお祭りです。

今回はこの山口祇園祭の詳細について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

  屋台について

山口祇園祭では、このお祭りの時期に合わせて「夏の夜市」が行われるのが恒例となっています。

場所は山口市中心商店街で、輪投げやかき氷など定番の露店が出たり、営業時間が夜まで延長されたりします。

 

今年の屋台の詳細な情報はまだ出ていないようですが、どうやら期間中に毎日行われるわけではないようです。

お祭りの時期が近くなればこちらのホームページにアップされると思われますので、要チェックです。

山口街中

 

当日は暑いので、水分補給を忘れずに行っておきましょう。

 

  交通規制や駐車場、通行止めはどうなる?

交通規制についても今年の情報はまだ出ていないものの、例年では中心商店街と駅通りの一部の区間が通行止めとなるようです。

日付も例年同じで、7月20日、7月24日、7月27日の19:00〜22:00となる可能性が非常に高いです。

さきほど紹介したホームページにアップされると思われますので、お祭りが近くなったらご確認頂ければと思います。

山口街中

 

駐車場は提携駐車場があるようですが、お祭り当日は賑わうため混雑が予想されます。

できるだけ公共機関を利用することをすすめます。

 

  山口祇園祭の日程と時間

山口祇園祭は2016年7月20日(水)~7月27日(水)に行われます。

  • 20日:御神幸
  • 24日:市民総踊り
  • 27日:御還幸

 

  20日…御神幸

御神幸の様子の動画はこちらです。

山口祇園祭御神幸(YouTube)

 

  浦安の舞

お祭り初日の御神幸では、扇の舞と鈴の舞の2部で構成された「浦安の舞」が奉納されます。

浦安の舞は毎年小学生によって奉納され、社殿で行われます。

 

  鷺の舞

続いて「鷺の舞」と呼ばれる、鷺の頭と羽をつけた、雌雄それぞれの二羽の鷺の舞いが行われます。

京都の八坂神社の鷺の舞は途絶えてしまいましたが、鷺はもともと、七夕のとき天の川に橋渡しをする「カササギ」であったという説があります。

京都にはカササギがいなかったため、鷺になったという話です。

この舞いは1分もかからないものの、素朴ながら古式を伝える舞いです。

 

なお御神幸は例年では18時00分から21時30分までの開催となっていますが、今年の情報はまだ出ておりません。

日付が近づいてきたらあらかじめホームページの確認をしておきましょう。

 

神社の境内では虫刺されにも注意です。

 

   祇園囃子

鷺の舞が奉納された後は、祇園囃子に導かれて八坂神社から御旅所まで神輿が町を周ります。


スポンサーリンク


 

  24日…市民総踊り

24日は「御中日祭」として、山口市中心商店街で市民総踊りが開催されます。

1500人にも及ぶ人々によって行われ、「大内の殿様 」の曲に合わせて踊り歩きます。

 

昨年の時間では午後7時30分から午後8時45分となっていたようです。

なお、この日の午後8時からは、御旅所で浦安の舞が奉納されます。

 

  27日…御還幸

お祭りの最終日である27日には、御神輿の「御還幸」として、神さまを八坂神社にお戻しするために、お旅所から八坂神社まで神輿が練り歩きます。

神輿のスタートは例年では夕方18時ごろとなっていますが、1997年(平成9年)から定着した「女神輿」も登場します。

 

  女神輿の担ぎ手を2016年6月30日(木)まで募集中

2016年の7月27日(水)に開催される「女みこし」の担ぎ手が6月30日(木)まで募集しています。

人数は100名までで、御守木札と玉串料のための参加料が500円かかります。

 

<概要>

  • 募集人数:100名(18歳以上、親子で参加するなら18歳以下でも可)
  • 集合:山口商工会議所の5階コミュニティホールに17時までに集合
  • 衣装:各自で黒色のTシャツ、および肩当て用のタオルを準備。
  • 申込先申込フォーム
  • 詳細ホームページ2016年 山口祇園祭「女みこし」担ぎ手募集

 

女神輿は19時30分から21時30分の予定となっており、担がれる御神輿は「クシナダヒメ」です。

駅通り商店街「御旅所」から八坂神社まで練り歩きます。

夕方18時ごろからは男衆の担ぐ「御神輿」が始まり、八坂神社の神様は縁結びや恋愛成就、夫婦円満のご利益があります。

 

  山口祇園祭の会場とアクセス

  • 会場:八坂神社から中心商店街
  • 住所: 〒753-0035 山口県山口市上竪小路100
  • 電話番号083-921-1566 (八坂神社 社務所)

 

  電車でのアクセス

赤が八坂神社緑が最寄りのJR上山口駅青がJR山口駅です。

JR上山口駅からであれば徒歩約15分、山口駅からであると徒歩20分ほどになります。

 

  車でのアクセス

車の場合は、山口ICから20分ほど。

ただ、お祭りの駐車場は混雑する可能性があるため、できるだけ公共機関を利用すると良いでしょう。

宿泊施設で泊まる場合は、「サンルート国際ホテル山口」に43台、「松田屋ホテル」に30台ほど車の収容スペースがあります。

 

  山口祇園祭まとめ

屋台は毎日では無いようですので、ホームページできちんと確認しておきましょう。

駐車場は混雑が予想されますので、電車などを利用することをすすめます。

 

 


スポンサーリンク


Pocket

コメントは受け付けていません。

トラックバック URL

http://miyakyo0001.com/yamagutigion/trackback

PAGE TOP